人類の粛清は始まっているのか?

こんにちは。

このところの「エボラ出血熱」「デング熱」の感染拡大や、世界中でなんとなくキナ臭い雰囲気は何を意味するのか。

勝手に想像してみました。

インフルエンザパンデミック(感染症や伝染病の世界的流行)と言うのをご存じだろうか?

鳥インフルエンザが変異し人感染へ進化する可能性があるとか、地球は人間の営みが原因で温暖化し危機的状況と言われるが、それも粛清のはじまりかも・・・

世界的なパンデミックについては数百年に亘り報告されているが近年の詳細な記録が残される結果を見ると、

1928年(H1N1,スペインインフルエンザ)
1957年(H2N2,アジアインフルエンザ)
1968年(H3N2,香港インフルエンザ)
となり、ほぼ40年周期で大流行しているのが分かる。

インフルエンザパンデミックは誰一人として免疫を持たない新種のウイルスの出現によって起こるため発生したら最後、少なくとも半年はワクチンを作れない。

その為人の行き来の速度が半端でない今2週間あればウイルスは世界中に拡散される。

これって、地球による人間の粛清ではないだろうか?

感染症もそうだが、世界は未だに平和な時がない。

有史以来、必ずと言っていいほど「戦争」をやっている。

問題が片付いたかと思うと、新たな火種ができて右往左往してしまう。

これだけ知能が発達した人間社会でも、まるで学習能力がないみたいだとは思わないか?

世界中の核は地球を数千回消滅できる量があると言われているが、このまま行けば、核戦争に発展する可能性が0とはいえないのではないか。

人道的な配慮から、通常兵器による戦争とか言ってはいるが、形勢が悪くなると核保有国は躊躇せずに使う気がする。

そうなると、人類は自らの手で粛清を行う事になる。

人口が増えすぎて食糧不足による飢餓で死んでいく人達もいるだろうし。

異常気象で済まされている気候の変動も、もしかしたら地球が意思を持って粛清を行っているのかも知れない。

想像だが、考えると怖い。

粛清される側の人間なのか、残される人間なのかは、誰にも解らないからね。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-