2014.06.06(Fri):News to worry
自分のルーツを調べる人はいるでしょう。

僕も自分のルーツを調べた一人だ。

だが、「前世」となると意味合いが変わってくるような気がする。

思い当たるところを書くと、男性だったのか、女性だったのか、どんな人物で、どんな人生を送ったのか、結婚相手はだれだったのかなどね。

一説では、現在の自分が抱えている問題は、前世からの影響を受けていることが多く、前世を知ることで悩み解消につながる可能性もあるとか。

また、恋愛面でも前世の恋愛体験が大きく関係していると言われます。

そこで、自分の前世を簡単に占ってみました。

清貧と慈善の心を尊び、聖人として生きた前世

あなたの前世は、孤独と静けさを愛するとても心優しい人物でした。

本来は隠棲の詩人になりたいと願いながら、目の前を覆う悲惨な現実から目を背けることができず、世の中の貧しい人を助けるために療養所や学校を開いていたかもしれません。

しかし最後は理想と現実のギャップに悩み、精神のバランスを崩すことになってしまった可能性が高いようです。

人々の尊敬を集める一方、真に打ち解けた友人を持たず、孤独な死を迎えたかもしれません。

神秘的なムードを漂わせるあなたに、言い寄る異性は多かったようです。

しかし本人はあまり恋愛に興味がないため、お付き合いに至ることはまれでした。

先に相手から好きになられても気持ちが盛り上がらないものの、自分から好きになった場合は情熱的にアプローチをするという傾向があったようです。

相手の異性は自分と反対の現実的なタイプを選ぶことが多く、一度付き合うとほとんどの場合長く続き、あなたの側から心変わりすることはほとんどありませんでした。

恋愛のスタイルと傾向

理屈っぽく個性的なあなたは相手を選ぶ目も厳しいようです。

素敵な異性からアプローチを受けたとしても、簡単には受け入れないでしょう。

本当に自分に合っているかどうかをよく吟味しますが、一度この人と決めたら、とことん付き合います。

恋愛の相手は知的で真面目な人が多いのですが、お金を持っている人とはあまり縁がありません。

運命の人といつ頃、巡り会えるか

十代の後半から二十代にかけては、思うような相手と巡り合えず、あまり好みでない異性と浅いお付き合いを繰り返す人が多いでしょう。

しかし二十代の後半からは理想の相手に出会って充実した恋愛をすることができます。

三十代前後では芸術や文学などの方面で業績を残すような人物との縁があり、大恋愛をする可能性があります。

たぶん、有料で占うと、前世は誰だったのかとか解るのかも知れません。

たまには時空を超えて、過去現在、未来にいってみたいものですね|~

関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/731-584bce6e
Secret