2014.05.19(Mon):News to worry
新語がドンドン出てくるw

「痩せデブ」って・・・そういった表現があったとは(;゚Д゚)

いくら食べても太らないって豪語している女性もたまにいますよね~w

ひょっとして、痩せデブなのかも・・・

皮下脂肪が少なくても内臓脂肪が多いと言う事もあるので、要注意です。。

朝から砂糖いっぱいのクッキーやケーキ、昼は大盛りラーメン定食、もちろんおやつも食べ、夜は特大ステーキを大ジョッキのビールとともにぺろり。

そんな生活を続け、ジムに行ってるふうもないのになぜか痩せている……というお友達はいませんか?

その状態は、痩せているように見えて実は不健康度の高い“痩せデブ”なのかもしれません。

“痩せデブ”が危ない理由

今年行われた研究によると、“体重は普通なのに中身は肥満と同じ”で、BMI(ボディマス指数=肥満度)は普通なのに、脂肪率が高い人が存在し、これらの人々は“Skinny Fat(痩せデブ)”と呼ばれているそうです。

そして、“痩せデブ”と呼ばれる体質の場合、実はBMIが高い人と同じくらい、糖尿病や高血圧、高コレステロールなどの症状を発症する可能性が高いということです!

“痩せデブ”体質の見分け方

BMIの計算は、身長と体重の数値を使って行われ、一般的には単純計算で肥満度を判断することができます。しかし、この数字では、体内の脂肪値や真の健康状態まで判断することはできません。

筋肉質だったり骨格が大きく、それが体重を重くしている場合は、脂肪分が少なくて健康でも、BMIの数値が高い場合もあるそうです。ですから、BMIが低いからといって、それを鵜呑みにして「私は健康だわ」と思うのはNGなのです。

結局、本当に自分が健康かどうかを知るためには、病院でコレステロールや血糖の数値をはかる血液検査を受ける必要があるそうです。

この結果、あなたが“表面的には痩せていても、実は肥満”であるかどうかを見分けることができます。

毎日決まってドーナツやケーキをぱくつき、糖分を取りすぎていませんか? 付き合いだからといって、毎日アルコールを飲みすぎていませんか?

ほかにも、エクササイズ、タバコ、睡眠……すべての面から自分の生活を客観的に見直してみて、「これはマジでヤバい!」と思うようなら、まずは今日からそんなライフスタイルを変えることが、痩せデブ状態を抜け出す第一歩です。
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/707-cc1c9c93
Secret