おかしいな「憲法9条で安全」なはずだが。。。

8月29日北朝鮮が同日午前5時58分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発を北東方向に向けて発射し、北海道・襟裳岬上空を通過した後、6時12分ごろ、襟裳岬東方約1180キロメートルの太平洋上に落下した。

Jアラートもなったようだが、Jアラートは単にお知らせをするに過ぎない。
Jアラートが、守ってくれるものだなんて思い込んでる人はいないとは思うけど。

慶応大学の金子勝教授「北朝鮮も怖いが、「戦時放送」を流す安倍政権も怖い」
金子慶応大教授
この人って、大丈夫?慶応ってこんなLvの人からおそわってるのかw
慶応ボーイって持て囃されたよきじだいもあったのだが、こういうの雇ってる大学行ってることが恥ずかしい時代になりましたね。

NHKをはじめテレビ各局の画面は全面、危機を煽るような黒い字に赤い帯の入った「国民保護に関する情報」が映し出され、次々にテロップで臨時ニュースが流されたのだが、テロップを流す安倍政権が怖いなんて論調の書き込みもチラホラみるね~
能天気を通り越して「9条」があるじゃないか~だろうな。

北朝鮮のミサイルが太平洋側に着弾した意味は、専守防衛は時代遅れだということを改めて考え直す契機になるもではないか。

日本国憲法が時代に合っていないのは聡明な日本人国民であればわかっている。

この憲法が発布された時代は、プロペラ戦闘機(レシプロエンジン搭載)が主力だった時代だ。
目視による戦闘行為も出来た時代に旧日本軍の力と日本人の愛国心、誇り、矜持をなくすために作られた憲法下で、現代の軍事的圧力に対応して行くのは不可能だ。

都合よく、9条新派やアベガーと騒いでいる人のところにミサイルが落ちてくれたらいいのだが、そうもいくまい。
では、どうするか?
やはり日本も真剣に「敵基地攻撃」について考えないといけなくなったということだろう。
それか。日本の核保有ということになる。

何かあると騒ぐが対案は出さない野党、与党がだす案にはとにかく反対とい姿勢では国がもたないところに実は来ている現実をメディアはまったく報じない。

これでいいのだぁ~~♫ バカボンのパパじゃあるまいし、日本人国民に大勢の死傷者が出てるまえに、こういうことは総理に一任で素早く防衛の一環として敵基地攻撃可とするべきだと個人的には思う次第だ。

今回のミサイルでは在日韓国人も危機をもったようだが、いつまで日本にいるの、一刻も早く帰って韓国のために働くべきじゃないのって思う。北と南は戦争中だすから。

国民の生命と財産を守るのは、遺憾砲じゃもう無理ですから。
北朝鮮にはいいようにミサイルぶち込まれ、東シナ海、尖閣では中国に好き勝手されているのは日本の憲法が研究され尽くしていることもあるし、アメリカの相対的な力の低下を見越しているからにほかならならない。

日本もできることは自分でやる、同盟国も100パーセントアテにはならないということを考えておいたほうがいい。
特亜三国から見たら、日本は手に入れたい戦略的な場所であり美しい国だからね。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-