「火病(ファビョン/화병)」

こんにちわ。

土日が雨になって、なんとなくつまらない。
都議選も、赤い小池百合子率いる都民ファースト(実際は小池ファースト)から、売国奴候補者がぞろぞろ出てる始末だ。
都民でない日本人国民は、都民の有権者の先見性に期待するしかない。

さて、病気の話をしよう。

「火病」だ!

世界には韓国人にのみかかる特別な病気が存在するという。
韓国のオンラインコミュニティに「韓国人だけかかる病気」というタイトルの記事が掲載され、またそれを韓国のニュースサイトが取り上げた。

その病気の名前は「火病(ファビョン/화병)」といい、悔しい気持ちを抑えられずに生理機能の障害などで頭痛や胸が苦しくなる精神疾患症状。

これは韓国のみに存在する文化固有の障害であり、米国精神医学会で発表した精神疾患の診断と統計マニュアル書籍であるDSM(Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders)では、病名を韓国表記でHwa-Byung(つぼと同音)と公式登録した。医学会でも韓国特有の文化症状群と定義している。

奇病の火病
精神疾患

このような文化固有の障害は心理的な症状だけではなく、具体的な身体化症状も引き起こす。
この症状を治療するために、病院を探しても、原因の特定は難しく神経性症状と診断される場合が多い。

韓国で「火病」を抱えて居る多くの人は50代の女性だという。
この統計から、男性(旦那)の権威に対して家庭内での自分の感情を抑制しすぎて症状がでるのだという。
また家庭内で自分の主張を話すことができず、目上の者に服従する韓国のトップダウン文化も「火病」を誘発している。

この解説は、真実を巧みに隠している。

そもそも朝鮮人に「火病」が多いのは、近親相姦を何百年にも渡って行ってきたからだいう事実が抜けている。
中国の属国だった(清朝以前から)ころから、宗主国に貢物として若い女性を献上してきた。
結果、民族内に若い女性が少なくなり、近親相姦を繰り返してきたわけだ。
「試し腹」と言う、おぞましい行為も平然と行われてきた史実が物語っている。

血が濃すぎると、いろんな問題が起きることは医学の観点からも指摘されているではないか。
いわゆる、「遺伝的欠陥」がすすむのである。

も一回、書いておこう。

アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群として記載されているのである。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-