徹夜国会見てました。

こんばんは。

今国会の会期を10日ほど延長という話もあったが、一昨日の法務委員会での日本維新の会、東議員の質疑中に民進党の真山議員が金田法務大臣の問責決議案を提出した。
事実上の「審議拒否」をやったわけだ。

この民進党と日本共産党による前代未聞の他党議員が質疑中に問責決議案提出という暴挙に、自民党も重い腰を上げたのだ。

その結果、本日午前7時40分過ぎだっただろうか、「組織的犯罪処罰法改正案」いわゆる「テロ準備罪法案」が自民、公明、維新の賛成多数で可決された。
野党4党とメディア総がかりで潰しにかかった法案だが、やはり日本人国民は確かな思考と千件性を持っていると確信した。

法案可決で、今日のTVは恐らく「強行採決」の大合唱だったのだろうが、このことばも「造語」だ。
ほんらい民主主義において「強行採決」は存在しない。
最後は多数決だからだ。

民主党政権時も、彼らは数のチカラで押しまくっていたではないか。
悔しければ、日本人国民の支持を摂ればいいだけだ。
まぁ、党の代表の国籍がどこかもわからない上に。帰化議員が多い現、民進党には支持は集まらないだろう。

さて、四国は愛媛県の今治市の加計問題だ。
これで、安倍政権を揺さぶるつもりだろうが、これまた特大のブーメランが突き刺さっている。

民進党の玉木議員に続いて、陳こと、福山議員も日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたのだ。

陳哲夫アホ

民進党・福山哲郎議員が日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたことが分かった。
玉木雄一郎議員と同じく、加計学園を追及するにあたって不適切な関係にあることが確定した。

陳哲夫の領収書

陳哲夫領収書2

玉木雄一郎議員と一緒になって加計学園の獣医学部新設に反対しているのはそういうことだったのかと合点がいく内容だ。
おそらくこの100万円は手付金の挨拶程度で、成果報酬はもっと多いのだろう。

とにかく既得権益を守りたい獣医師たちは政治家と癒着し、全力で加計学園の動きを止めようとする。
玉木雄一郎議員においてはここにきて急に「獣医師不足を解消するためには獣医学部の新設ではなく、給料を2倍にすべき」と主張し始めており、あからさまにポジショントークを展開する始末だ。

玉木雄一郎議員の100万円がバレたとき、福山哲郎議員は自分の献金受け取りもいつバレるのかとヒヤヒヤしていたに違いない。そして案の定バレた。

悪が栄えた試しなしとは、よく言ったもんだ。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-