2017.04.29(Sat):国内政治、国会
こんばんは。

GWに突入しました。

どこから考えても、日本人のためにならない「民進党」ですが、あらたに金字塔をたてましたね。

民進党の蓮舫代表は29日、最大の支持団体である連合のメーデー中央大会に出席し、「テロ等準備罪」を設ける法案について、あらためて廃案を目指す考えを示した。テロ支援政党

廃案を目指し、テロ対策の対案を掲げていく考えを示した。
民進党の蓮舫代表は「健全な市民活動さえ罪に問われる可能性を否定できない法案については、わたしたち民進党として、断固として反対、廃案に追い込み、本当に必要なテロ対策の水際作戦を、対案を持って後半国会に臨んでまいります」と述べた。
またテロ対策の対案について、ハイジャック防止のため提出した「航空保安法案」に言及し、「空港を通じて、海外から不審者が入って来ないように、国が予算にも関与できるような仕組みだ」と説明した。

これって、どの方向から読んで解釈をしても民進党はテロ応援団としか思えないのではないか。
海外から不審者が入って来ないように と言っているが、すでに日本国内にいる在日をはじめとして反日活動家たちには、全く触れていない。
昨日、蓮舫は中国共産党幹部と会談してる事から見ても、どうやら指示があったと思われる。
おそらく、同胞の工作員やテロリストが捕まるところなんて見たくないだろう。

特亜と反日とテロリストの味方の蓮舫と民進党、日本が衰退する方向にどうにかして持っていきたらいらしい。
こんな、テロ支援政党は存続させてはならないし、選挙では必ず落選をさせることが大事になる。

国籍不明の党代表が率いる「民進党」に未来があってはならない。。
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1747-1ae17a34
Secret