悪意満載のNHK

今日も国会は開店休業でした。

どれだけ税金の無駄遣いを続けるんだろう。
特亜三国は緊迫しているのに、審議拒否をしている政党があるのが不思議だ。
まるで日本は関係ないとでも言いたいのだろうか。

これほど国民感情とかけ離れている政党はなかったのではないか。
こういう輩には次の総選挙で我々、日本人国民が鉄槌を下すべきだ。

もうひとつ、NHKの報道姿勢に大問題があった。

これは、自民党の有村治子参院議員の質問に答えた内容である。

NHKが3日に放送した番組「ニュースウオッチ9」の中で、日本の国旗を中国の国旗の真下に表示していたことが13日、わかった。
岸信夫外務副大臣は同日の参院内閣委員会で、独立国の国旗を上下に位置させることについて「下の国旗は下位、服従、敵への降参などを意味し、外交儀礼上、適切ではなく、あってはならない」と答えたというものだ。

問題の写真


映像は航空自衛隊の戦闘機の緊急発進(スクランブル)急増に関する特集の中で使用された。
有村氏は「NHKはどこの国の公共放送か」と述べて批判したのである。

では、公共放送とは何か?
電波は国民の共有財産であるということからすると、広い意味では民放も公共性があるということになるが、一般的には営利を目的として行う放送を民間放送、国家の強い管理下で行う放送を国営放送ということができる。

NHKは公共放送である。
国営放送と勘違いされている人は危ない。
今やNHKは、中国のプロパガンダ放送局になってしまっている現実を知らなければならない。
親韓という立場も隠そうとはしなくなってきた。

視聴料金を取られながら、誤った報道や捏造、故意に日本人を貶めるような報道のあり方は大問題ではないだろうか。

問題点に戻ろう。
TVにおいて、上下に国旗を並べるなんて報道機関がしたら完全にアウトだという常識すらしらない面々が番組を作っているのか。
中国共産党の幹部の皆様のNHKだと言われる所以だろう。
もはやNHKは、共産党の巣窟、日本人から受信料を搾取して肥える反日組織体とまで言われている事実を知っているだろうか。

しかし、ニュースウオッチ9の編集は問題が多すぎる。

こうまで反日メディアばかりだと、ますますTVを見るひとは減るだろうし、ニュースそのものが「フェイクニュース」と言われている事を恥じないのでは、国民の財産の公共電波を今のままでっ使用させていくべきか日本人国民は声を上げるべきではないか。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-