2017.04.10(Mon):国内政治、国会
開花が遅れていたが、あっという間に満開に。
しかし土日は天候に恵れず・・・今日、月曜日も雨の徳島県です。
ここ2.3日と比べると、今日は肌寒いを通り越して「寒い」の一言。
寒暖差が激しいから、冬物衣料と春物衣料がとっちらかってる状態です(笑)

ブログの更新を少し休ませてもらっていましたが、また更新にまあ維新しますよ~
先週から国会で審議にはいった「テロ等準備罪」法案。
所謂「共謀罪」より範囲と網の目が大きくなっている、柔らかな法案です。
しかし、野党4党、左翼団体、メディアの反発は凄いですね。
見方を変えると、それだけ日本国内に害虫が多く生息していることにほかならない訳だ。

「テロ等準備罪」法案に反対している党、及び国会議員は稚拙な例を作り出し、印象操作に懸命だが、日本人国民は数段階上の思考顔路を作動させている事が解っていないらしい。
先週の段階で日本のメディアは朝鮮半島の危機的状態の報道をしてこなかったが、シリアにトマホーク59発を米駆逐艦2隻が打ち込んだのと、米原子力空母打撃群が朝鮮半島に向かったことを受けて報道を始めたね。

前にも書いたが、一時帰国させていた中韓大使と釜山総領事を急遽帰任させた日本側の意図を正確に報道したメディアは皆無だった。
ようやくだが、在韓邦人保護も関係か・・・なんて報道している有様だ。

仮にだ、米国が北朝鮮を空爆なり、何らかのアクションを起こせば、日本にミサイルが降ってくる事を想定していないといけない。
しかも、より効果的な成果があがる地域を狙ってだ。
当然、東京は第一目標になるだろう。
憲法9条バリアがあるから大丈夫だろうけど(笑) 結局は自分の命は自分で守る事になる。

さて、さいたま市にある与野駅前にて民進党の枝野議員が朝から演説をしていたそうだが、立ち止まる人はいなかったもよう。
当然だろう。

枝野

「森友学園が…」 「安倍総理が…」 「メールの内容が…」では、無理筋だ。
国会を無意味に空転させ、中国人の代表の下に集まった、帰化議員の国家転覆運動に賛同する日本人国民はいない。

民進党には、自浄作用がまったくないことがわかってしまった以上、どんなに綺麗事を並び立てた演説だって、ただただ煩いだけだ。
人を集める、もしくは立ち止まってもらうなら、蓮舫の二重国籍問題、辻元清美の連帯ユニオン問題、山尾のガソリン問題について声をあげたら、多少は立ち止まってくれる人もいるかも知れない。

日本共産党と区別がつきにくくなった民進党は、もはや日本人国民の監視対象の党に成り下がってっしまった現実をみろ。。



関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1739-ecabfc1f
Secret