公案(こうあん)

こんばんは。

ブログのタイトルをみて、ピンと来る人は凄い。
僕は、ブログを書きながら勉強です。

公案(こうあん)とは、「禅問答」の別名だ。

考える前に、公案の定義に少し触れておく。
公案にはいわゆる「正解」というものは原則として存在しません。
考えに考えて、その結果として理屈を超えることに目的があるのです。

禅問答


禅問答とは、公案(こうあん)とも呼ばれる、悟りを開くための修行法のひとつで、ひらたくいえば「なぞなぞ」であり「とんち」である。
しかし、このなぞなぞは、論理的思考では決して解けないような矛盾や不合理なものとなっている。
にもかかわらず、このなぞなぞをひたすら何年も考え続けると、ついには論理の壁を破って「解答」がわかるときがくる。
そのときに、悟りが開かれるといわれる。
というのも、悟りは論理的思考を越えた、換言すれば、二元的思考を越えた一元的な意識の領域に属するからである。

うぅ~ここまでで、すでに軽いめまいがおきる(笑)

公案を考えることによって、悟りとまではいかなくても、人生のさまざまな問題や悩みに遭遇したときに、それらを解決する名案を得るための、頭の体操には十分になることだろう。
なぜなら、人生は不条理に満ちており、その問題も、あれか、これか、という二元的な選択ではどうしようもないようなことが多いからである。

禅とは何か
釈尊の思想を継承したダルマ大師が、インドから中国に伝え、その後、六代目の慧能によって確立されたのが禅である。
それを日本に伝えたのが道元と栄西で、前者は曹洞宗、後者は臨済宗となった。
公案と呼ばれる禅問答は、主に臨済宗で行われている。
公案は、悟りの妨げとなっている理屈、分別知、観念を打破することを目的とした質問である。
そのため、いくら理屈、つまり論理で考えても解答は出ない。

禅の根本思想

不立文字(ふりゅうもんじ)
悟りの境地は文字で表現できない。
二元的論理思考を超えた純粋経験である。

直指人心(じきしにんしん)
悟りの境地は、直知として認識される。
観念を通さずに真理は示される。

教外別伝(きょうげべつでん)
悟りの境地は以心伝心で伝えられる。
説法はそのための媒体にすぎない。

見性成仏(けんしょうじょうぶつ)
悟りの境地は自己の仏性に目覚めること。
成仏とは真の自己を取り戻すこと。

公案には、実は正解というものはない。
正解らしきものを載せたものはあるが、それは本来の禅のあり方とは違っている。
もしも正解があったら、本当に公案は単なるなぞなぞであり、「頭の体操」でしかなくなってしまう。
公案は師匠によって授けられるが、その解答がどのようなものであっても、その弟子が悟りを開いたと思われれば、その解答は「正解」になる。
たとえば、「犬にも仏性はあるか?」という公案に対して、ある弟子は「ある」と答え、別の弟子は「ない」と答えたが、どちらも正解であるとした例もある。
大切なのは、解答そのものではなく、その解答がどのような心境から発せられたものか、ということなのであろう。

一例をあげてみよう。

『 一切を捨てる 』

趙州和尚に厳陽善信(げんようぜんしん)が尋ねた。
厳陽善信 「私は一切を捨てつくしました。もう何も持っていません」
趙州 「捨てなさい」
厳陽善信 「何も持っていないのです。この上何を捨てろと言われるのでしょう」
趙州 「その、捨てるべき何もないというものを、捨てなさい。」

こんなやりとりが延々と続くのだ。
読んでいくと、いがいと今の社会の中でも通用する事柄が多いのには驚かされる。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-