2017.01.09(Mon):韓国を笑う
華々しい花火のごとく夢想花が満開だ。。

なんでも韓国起源説を堂々と主張するだけのことはある(笑)

新しくたっていたスレを一部抜粋させてもらったけど、韓国人の思考って最初から狂ってるね。
漢字が読めて、真実の歴史を目の当たりにした時に、韓国民すべてが昏倒してしまうんじゃないのか。
夢想の中で生きてるうちが華だとツクヅク思うね~。

『領事関係に関するウィーン条約』第22条をりかいできないんだろうな。
日韓合意破棄か?


”日本の対抗措置”に韓国が『更なる強硬な姿勢を示し』全面対決に突入。設置する慰安婦像を倍増させる。
ソウル郊外の京畿道の議会は募金運動を行い、独島と道議会への「平和の少女像」設置を推進する方針だ。
道議会議員30人からなる団体が中心となり、今月5日に建立計画を発表。
16日から募金活動を行う計画だ。
団体側は「少女像1体の建立に3500万ウォン(約340万円)程度かかる。上半期中に道議会に少女像を設置した後、独島にも建てる計画」と説明した。

『狭量な安倍首相には完全に失望した』と韓国政界に”絶望感”が蔓延中。韓国に有利な合意改訂をすべき。
鄭柄国(チョン・ビョングク)正しい政党創党準備委員長は「狭量な安倍首相の行為に失望した」とし「韓日間慰安婦交渉の内容で優先されるのは10億円を出すことではなく誠意のある謝罪と反省」と指摘した。

『強大な韓国に歯向かう安倍政権は愚かだ』と韓国が”立場の違い”に言及。我々に逆らうのは蟷螂の斧に等しい。
人は自分の位置と実力を知らなければならない。自分の能力を知らずに相手にならない人や事物と敵対すれば自分が疲れるばかりで嘲笑だけ買うことになる。虚勢は自身を亡ぼす。いわゆる‘螳螂拒轍(蟷螂の斧)’だ。自分よりずば抜けて大きな存在に対し向こう見ずに自分の前腕を振り回して対抗するカマキリの無謀な様は様々な教訓を与える。

『もう我々には屈服か外交戦争しか道はない』と韓国が”敗色濃厚な闘い”に突入。安倍政権は韓国世論に配慮しない。
安倍首相が12・28合意に対する韓国国内の反発を和らげるための追加措置を取る意向はは全くないということを明確にしただけでなく、次期政権にまで外交的負担を負わせようとしたわけだ。
安倍首相がこうした立場を固守するならば、次期韓国政権は、12・28合意を破棄した後に日本と全面的な“外交戦争”を行うか、日本の要求に屈服して平和碑(少女像)を撤去するかという両極端以外に折衝的な選択肢を見つけられないことになる。

中国の属国だったため朝貢(朝廷にみつぎものを差し上げること)で若い女性を捕られ、あげくに近親相姦を繰り返す、試し腹をするなどして民族の存続をした結果、DNAと前頭葉に障害を持つ民族が出来上がった。
その上に、幼少の頃からの捏造の歴史を繰り返し教え込まれ反日だけを糧にして生きてきた結果がこのざまだ。

今回の日本政府がとった措置に反対する面々は、売国奴と烙印を押されても仕方がないだろうな。

20日からの通常国会で、共謀罪の審議がはじまるが、これまた大きな「踏み絵」になるだろう。
どの党が、どの議員が声高に反対するか。
そいつらこそが、日本の国会議員でいらない人たちだと明らかになる。
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1678-209747f0
Secret