プロパガンダの専門家たち

おはようございます。

今朝は霧がすごかった。
5メートル先が見えないほどの霧に包まれていたんですよ><

霧といえばいづれは晴れるものだが、我が国と韓国に間に漂う斬りはますます濃くなっていってるようにも感じる。

もしいままで日本に関して積み上げられてきたウソを1カ所に集めて燃やしたら、真っ黒な煙が太陽を覆ってしまうにちがいない。
なんと的を得た言葉だろうか。これは、マイケル・ヨン (ジャーナリスト)さんが書いていた言葉だ。

アジアの「慰安婦」を徹底追跡しているチームの方だ。
過去数年にわたり、われわれは日本、米国、フィリピン、タイ、ミャンマー、オーストラリア、インドネシア、直近でマレーシアを含む数々の国で「慰安婦」問題の調査を続けてきた。

上記の8カ国に加え、私は10年以上をアジアで過ごし、21カ国を訪問してきた。
われわれのサンプリングと調査は決して小規模なものではないが、完全だというつもりもない。

現在の調査の目標は単純明快である。

 1、第2次世界大戦時日本の慰安婦問題の真実を追求する。

 2、現在の対日感情を正確に把握する。

プロパガンダの専門家たちは全世界に対し、アジアのすべての国が、20万人に及ぶ「性奴隷」を誘拐したという理由で日本へ憎悪と怨恨を抱いている、と信じさせようとしている。

われわれは、日本がいかなるかたちにおいてもその手の大規模な誘拐連行に関与していないことを知っている。
真っ当な研究者とジャーナリストのあいだでは本件は完了している。

この真実探求の途上において、さまざまな突発事故がおこっていた。
高名な米国人作家のローラ・ヒレンブランドが著書『アンブロークン』において読者を騙した、ということだ。

米国人作家のローラ・ヒレンブランド
米国人作家のローラ・ヒレンブランド

日本人がテニアン島において「皆殺し」の命令を出して5000人の韓国人を虐殺した、と記述していること・
出典のうちの一つは韓国人によって噂に基づいて建てられた記念碑によるものだ。
ヒレンブランドの引用元の一つは次のものだ。“Murder on Tinian:Eric Lash,Historic Island of Tinian,Environmental Services,October 2008,vol.1,2nd edition.”(テニアンの大虐殺:エリック・ラッシュ、テニアン島の歴史、Environmental Services、2008年10月、第1巻、第2版)

ヒレンブランドの引用元になっている「出典」文書は欺瞞そのものである。ほんの数分調べればわかることだ。
当時のニュース報道を残す米軍の記録にも当たった。
米軍の侵攻後、『ニューヨーク・タイムズ』はテニアン島にまだ2400人の韓国人が残っている、と報じていた。

テニアン島は米軍の日本攻撃における死活的重要拠点だった。この小島は米軍でいっぱいとなり、滑走路が6本つくられ、テニアン島は戦時中最大の航空作戦拠点となった。
1945年の時点で、テニアンは世界最大の空港だったのだ。

虐殺など、どこからも、誰からも聞いたことがない。
われわれの海兵隊、陸軍、海軍が韓国人5000人の虐殺被害の証拠を見逃したとでもいうのか? 合衆国軍の綿密な記録文書化の傾向からして、それは考えられない。

ヒレンブランドは「皆殺しの命令により、日本軍はテニアンにて5000人の韓国人捕虜を虐殺した……」と記述した。
当時の韓国人は日本国民だった。万単位の韓国人が日本軍に従軍していたのである。少なからず士官もいたのだ。

ヒレンブランドはこの主張を2度も繰り返している。
「……日本人は皆殺しの方針を導入していた。そして5000人の韓国人全員を虐殺した」。と。
日本人・韓国人の民間人への降伏勧告を担当した米国の言語専門家による1次情報に当たった。
そこにも日本人が韓国人を殺したという証言はいっさいなかった。皆無である。


米国は、テニアンを対日空爆の出発地として活用した。
何十もの日本の都市を焼き払ったのである。
なぜにわれわれ(米国)が敵側による5000人の無辜の民の殺戮を隠す必然性がない。

これほど大規模な殺戮を、現地取材もせず、米軍の公記録にも当たらずに告発するというのは、プロとしてあるまじき不正行為である。
彼女(高名な米国人作家のローラ・ヒレンブランド)はこの書籍のために7年にわたる調査を続けていたと言い張っていたが、じつは彼女は同書のテーマである人物ルイス・ザンペリーニ氏と1度も対面したことがない、ということが書籍刊行後に暴露された。

2015年9月に、私はヒレンブランドの出版社に連絡し、テニアンの韓国人5000人虐殺に関する説明を求めた。
出版社はコメントを拒否し、同書の刊行はかなりの昔であるため、ヒレンブランドももはやインタビューに応じることはできない、と返答してきた。

私は編集者にもインタビュー申請を出した。同じ返答だった。

ヒレンブランドの著書を原作としてアンジェリーナ・ジョリー監督による映画化されたのは記憶に新しい。
プロパガンダは、世界中、もはや日本人さえも信じ込むほど行き届いているのが現状だ。

韓国人と中国人による反日物語

反日物語によると、貞節な地元の女の子たちが悪辣な日本軍の侵入によって連行され、海外の「強姦所」で無理やり働かされたという。
これは韓国人と中国人にとっては決して突飛な空想ではない。
今こに瞬間にも韓国人と中国人は性労働者の人身売買関与を継続しているではないか。
今年、大規模な売春婦密輸入網がカナダで捕縛された。
予想どおりというべきか、逮捕された容疑者は韓国人と中国人であった。売春婦人身売買は韓国と中国の伝統事業である。

私(マイケル・ヨン (ジャーナリスト)は現地でさまざまな背景をもつ人たちに日本人、韓国人、中国人、その他についてどう思うのか聞いてみた。
聞いた相手にはインド系もいれば、中国系、マレー系、バングラデシュ系の人もいた。

嫌いな民族一覧:韓国人、中華人民共和国の中国人(台湾ほかを除く)、インド人、アラブ人
好きな人たち:日本人、欧州人、アメリカ人。
私は多くの国々で多くの人たちに聞いてきたがほとんどこの内容と変わりがない。

アジア全体で日本人は憎まれているという話は虚構である。
日本はアジアのなかで最も大きな敬意を集める国の1つである。


ペナン戦争博物館

ペナン戦争博物館

「記念館」とは甘い用語である。この場所は、紛れもなく反日感情を醸成する神殿である。
ここには、リトルボーイにもファットマンにも似ていない実物大の原爆がある。

原爆の模型

カミカゼパイロットの自殺用ベストも揃っている。

この「自殺用ベスト」の上に掲げられている説明文によると、カミカゼは1941年12月10日にプリンス・オブ・ウェールズとレパルスを破壊したという。
真実は、英国艦隊は日本軍の通常の空襲によって破壊されたのであり、カミカゼによるものではない。
理由は簡単だ、カミカゼ「特別攻撃隊」は、戦争が終局に近づく1944年まで決行されることはなかったからである。
この博物館は同じくらいの力を注いで、日本軍が性奴隷を連行したという虚構の主張を繰り出している。

マレーシア全体、そのなかでもペナンは現在進行形の人身売買で悪名高いが、彼らが非難するのは日本ばかりだ。
中国は、この情報戦を今後の対日本の熱い戦争の前哨戦として利用している。
日本は積極的に、中国がばらまく憎悪に対処すべく真実を広めるキャンペーンに投資するべきで、躊躇している時間的余裕はない。。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-