2016.12.08(Thu):Topical news
こんばんは。

今日、太平洋戦争開戦日である。
くどくどと書くのはやめて、興味があるところだけ解りやすくまとめてみた。

日本政府が対米開戦を決意したのが昭和16年11月5日。
11月8日、山本五十六連合艦隊司令長官は「機密連合艦隊命令作戦第一号」を発令。
真珠湾攻撃のため千島択捉島の単冠湾に集結していた機動部隊がハワイ目指して出撃した。
12月2日、広島湾の連合艦隊司令部より南雲機動部隊に「ニイタカヤマノボレ一二○八」の暗号文が打電された。
意味は12月8日午前〇時を期して戦闘行動開始せよ。

12月8日。

午前1時30分(日本時間)、淵田美津雄中佐率いる第一次攻撃隊が発進。
午前3時19分にオアフ島上空に達した攻撃隊は淵田機からのト・ト・トの「ト連送」{全軍、突撃セヨ}で戦艦群と飛行場に殺到、攻撃した。
3時22分(現地時間7時22分)淵田中佐機から「トラ・トラ・トラ」の暗号文が打電された。
意味は「我、奇襲に成功セリ」千里を征ってかえると云われる虎になぞらえた文。
作戦中止の時の暗号は「トネガワクダレ」であったといわれる。

『昭和16年12月8日「ニイタカヤマノボレ1208(ヒトフタマルハチ)」の電文が山本五十六連合艦隊司令長官から打電され、「外交交渉決裂、作戦に従い真珠湾の米太平洋艦隊攻撃せよ」

真珠湾攻撃

真珠湾奇襲に成功した。そして「トラトラトラ」の暗号が打電された。(トラトラトラは千里征って帰る虎になぞらえた“われ奇襲に成功せり”の意味であった)。こうして日本は太平洋戦争に突入しました。

台湾が日本の統治下にあった頃、台湾にある山(玉山3952m)が富士山より高く、富士山は日本一ではなかった。
当時の教科書にもそう書いてあったらしい。(玉山の別名はニイタカヤマ)
「新高山登レ1208」(ニイタカヤマノボレヒトフタマルハチ)」の暗号は、「12月8日に、米国ハワイの米軍艦艇、施設、基地を攻撃せよ」との意味です。
「ニイタカヤマノボレ1208(ヒトフタマルハチ)」は、ここから来ている。

本来ならば、この日この時に立ち会っていた先人方に語っていただきたいところだ。
戦後生まれの僕ができるだけ当時の背景を資料に基づいて考えてみる。

学生時代、「太平洋戦争は日本が侵略戦争したから起こった」という教育を受けたが、大人になってから本当にそんな単純な理由で戦争に突入したのか疑問に感じたものだ。
語るには時代背景が必ず必要になってくる。

日本の幕末は、世界は帝国主義真っ只中だった。
当時の国は「植民地になる」か「侵略者に立ち向かい独立を死守する」の2つの道しかなかったという事実を知っていないと話にはなりません。
当時の日本は鎖国状態で周辺のアジアの国が次々に欧米諸国の植民地となっていた現実も一部のものしかしらなかったのではないだろうか。
欧米諸国に比べて遅れていた日本ももちろん植民地のターゲットであったわけで、特に、アメリカ、イギリス、ロシアが日本にとっての脅威だったことは事実からもわかるとおりだろう。

アメリカは東アジア、特に清(中国)との貿易をしていたのですが、その中継地として日本は位置的にうってつけ、ということもあり、「下田と箱館の港を開きましょう」という事で『日米和親条約』が結ばれました。
その4年後、1858年に『日米修好通商条約』という不平等条約が結ばれました、というか結ばされました。
地球上の陸地の20%以上の面積を植民地化していた大国イギリスも当然日本を狙っていました。
ロシアは歴史的にず~っと南下政策(南方にある土地を獲得)をとっています。
理由は「凍らない港が欲しい」につきます。

この間に、日清日露戦争をへて時は流れ、昭和4年(1929年)、『世界大恐慌』が発生します。
植民地を持っている国は自国を守るため『ブロック経済』を展開します。
『ブロック経済』とは、例えばイギリスだとアフリカ、インド、オーストラリアといった植民地で『経済ブロック』という勢力圏を設定し、その勢力圏以外からの輸入品に莫大な関税をかけて、実質他国からの製品をしめ出す、という政策です。

太平洋戦争の原因は、日本の侵略にアメリカが裁きの鉄槌を下した、なんて事を簡単に言う大人がいまだにいますが、実際は欧米諸国、白人至上主義の思惑があったわけで、多くの植民地を取って国力を増強しないと、逆に植民地にされる、それが帝国主義時代でした。

アメリカにいたっては、アラスカ、ハワイ、フィリピン、グァムといった太平洋側の領土を持っていましたが、急速に力をつけた日本海軍を脅威に感じ、いつでも日本と戦争できるように『オレンジ計画』を作成していました。
オレンジ計画(オレンジけいかく、オレンジプラン、War Plan Orange)とは、戦間期(1920年代から1930年代)において立案された、起こり得る大日本帝国(日本)との戦争へ対処するためのアメリカ海軍の戦争計画である。

『日中戦争』や『ABCD包囲網』などといった出来事は省略しましたが、今日、12月8日は有色人種が初めて白人に対して自らの生き残りをかけて起こした戦争の始まりの日でもあります。

戦争イコール悪と簡単に言う方々がいますが、時系列や歴史をもう一度見直してみてはいかかでしょうか。。

関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1647-8a72057d
Secret