こんばんは。

ずいぶん前にブログに書いたことがあるが、地球温暖化は妄想で、実は氷河期の入口に入っているってね。
まるで死んだかのように静かなのが現在の太陽だ。
寒さが苦手な人は嫌な時代にすすんでいるよ~><

太陽の活動は極小期へと向かいつつあり、2011年以来最低レベルにまで活動量が落ちたことがわかった。
NASAのソーラー・ダイナミクス・オブザーバトリーが11月14~18日に撮影した画像に映し出されるのは、まるでビリヤードの玉のように、ほとんど黒点が消えてしまった太陽の姿である。NASAによると、黒点の減少は予想以上に速いという。

太陽の黒点が消えた

太陽の活動は11年周期で増減しており、前回の極大期は2014年初め、次の極小期を迎えるのは2021年以降となる。かつての極小期では異常な冷気に見舞われ厳冬を迎えたマウンダー極小期が知られている。
現在、太陽は2008年から始まるサイクル24という期間にある。
6月下旬には、一世紀以上にわたる最も不活発な期間に突入していたことが判明。
さらにヴェンコア・ウェザー(Vencore Weather)は、NASAが撮影した視認できる黒点がほとんどない画像と併せて、同月に太陽が2回目の”ビリヤード玉”状態になったと記している。

今サイクルで確認されている黒点の数は、1906年2月に極大期を迎えたサイクル14以来の少なさだという。
6月4日には黒点が完全に消えてしまい、その状態がほぼ4日間続いた。

今年2月にも同じような状態となっており、やはり”ビリヤード玉”状態が確認された。
これは次の太陽活動極小期が近づいている兆候であり、今後数年で黒点がない日数が増えるだろうとのことだ。
2000~2002年に極大期を迎え、数多くの太陽嵐が観測されている。極大期の間、巨大な黒点や強烈な太陽フレアが毎日のように発生。フロリダでオーロラが観測されたり、太陽嵐が人工衛星に直撃したりといったことが起きた。

一方、極小期ではそれと真逆の減少が発生。
太陽フレアは身を潜め、まる1週間1度も観測されず、黒点も小さなものがようやく表面に現れるという状態だった。そして、これこそが現在起きていることだ。

記録に残されている中で最長の極小期は、70年間も続いた1645~1715年のマウンダー極小期である。

マウンダー極小期は異常な厳冬

この時期は小氷河期に当たり、北半球は異常な厳冬に見舞われた。
ロンドンのテムズ川が凍りつき、フロストフェアが人気を博したのもこの時期である。
またバイオリンの名器として有名なストラディバリウスの木材は、この気候のために成長が遅く、密度が高くなったものを使用していると言われている。

氷河期


最近の太陽の活動は過去100年間でもっとも弱いのだそうだ。
政府系団体に気象情報を提供しているアメリカのヴェンコアウェザーは、NASAから提供された黒点がまったくない太陽の画像に言及して、太陽がビリヤードの玉状態になったと発表した。

天文学者によれば、太陽活動は11年のサイクルで増減を繰り返しており、現在は1755年から数えて24周目にあたるサイクル24(第24太陽活動周期)にある。
しかし、現在の不活発状態が続くようであれば、地球はミニ氷河期に向かう可能性もあると懸念されている。
太陽活動は2030年代に60%低下し、1645年に始まった小氷期と同じような状態になるそうだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-