2016.11.28(Mon):国内政治、国会
こんばんは。

安倍内閣の支持率が60%超えたが、その件を聞かれた民進党幹事長の野田氏がメチャクチャ的外れな事を言っている事に失笑したが、蓮舫代表の会見で述べている事が意味不明だ(笑)

何に噛み付いたかと言うと、国会は30日に会期末を迎えるが、政府・与党は会期を延長する方針で、28日午後に安倍総理大臣と公明党の山口代表が会談し、いつまで延長するか決定する。
会期の延長について与党は、TPP(環太平洋経済連携協定)の承認案は9日に自然承認となるが、年金制度改革法案を確実に成立させるため、10日以上の延長が必要。

こういった流れに対して、蓮舫代表は以下のように述べています。

onvW0hIInaiQs1g1480324978_1480324986.jpg


民進党・蓮舫代表:「一方で、自分たちの会期の設定があまりにも誤りだったんではないか、自分たちの誤りを強行採決で時間を稼ごう、時間を早めに終わらせてしまおうという姿勢には到底、納得はできないと」。
民進党など野党は、塩崎厚生労働大臣の不信任案の提出なども視野に徹底抗戦する構えで、終盤国会でも与野党の攻防はヒートアップしていて、先行きは不透明な状況だ。

青色文字の部分、これが意味不明な部分だ。
事あるごとに審議拒否をおこない時間稼ぎして、審議時間が足りないと言える脳内が理解できないのだ。

強行採決だとレッテル貼りをしているが、強行採決という言葉の使い方も間違っている。
野党の日本維新の会は審議にも加わり、採決時にも国会内にいた。
審議を尽くして結論が出ない場合い民主主義は多数決で決めるのですよ民進党さん。

平たく言えば、「審議拒否して、議論がつくされてないが、会期延長には応じない」と蓮舫代表は言ってるわけだ。

安倍自民党を声闘で批判するのが先で内容には気が回らないのだろうか(笑)
与党議員に何かあれな、説明責任!説明責任と言っている野党の人たちは蓮舫民進党代表の国籍問題については黙ってる事もおかしいだろう。

こんな政党が国民に支持されないのは当たり前だ。
民進党議員は人の話が理解できないのに、国会での与党追及なんて到底無理な話だ。
TV中継がない各委員会での質疑応答もニコ生ではライブ配信してくれているから、時間がある方は見たほうが良い。
民進、共産、社民議員の中身のない質問と、無限ループのような質問を聞いてると辟易するから(笑)
自分の馬鹿さ加減がわかってないから、物凄く滑稽ですよ(笑)

自民党議員はマスコミや野党に批判されるが、そのおかげで議員たちがいい方向に成長してるようにも思える。

マスコミが報道しない自由を盾に民進党、共産党、社民党をいくら擁護しても国民はもう見透かしてるんですよね。
あっ、自由党があったな・・・もうその党の存在までわすれていた(爆笑)
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1638-c34f33c6
Secret