蓮舫が台湾総統選に投票していた、という疑惑。

こんばんは。

先日、自民党の山本有二農水相(64)の失言に不信任決議案の提出されたが否決された。
軽々な発言で問題が多い大臣ではあるが、民進党から批判をされるのは納得がいかない。

「二重国籍問題」には歯切れが悪い蓮舫議員を党の代表に据えている民進党がまず襟を正してからの話だろう。
民進党議員は、「二重国籍者の国籍選択は『努力義務』にすぎないし、選挙公報についても公職選挙法の時効は過ぎていると豪語している。
はたしてそれで蓮舫議員の疑惑は終わることができるのだろうか?

hqdefault.jpg


ジャーナリスト須田慎一郎氏が「蓮舫議員には代表どころか、国会議員を辞めなくちゃならないようなスキャンダルがあるんです」 とTVで発言していたのを思い出した。
この発言の核心について、さる自民党大物議員は「蓮舫が台湾総統選に投票していた、という疑惑があるんです」と証言する。

「00年と04年、彼女は報道番組のキャスターとして現地を訪れていた。
映像には残されていないが、台湾総統選で投票権を持っていたのであれば、今までの発言が全てウソになりかねない」 といのだ。
須田氏に問い合わせると、「明言は避けるが、将来的な政治家人生を考えると一度議員を辞職し、やり直したほうがいいでしょう」これに対して民進党本部は、「そういった事実は一切ございません」とコメントした。

『嘘は吐き通せば本当になる』とおもっているのか?

大手マスコミにオフレコ懇談を開催したことで説明義務は果たしたと言う蓮舫議員だが、誰のために政治をおこなっているのだろうか。
オフレコで説明責任を果たしたと言うならば、民進党議員は与党議員に対して「説明責任を果たせ」なんて言えないですね。
民進党ってただの税金泥棒集団で、他人に厳しく自分に甘い党首がいる反日政党と言われても致し方がない。

相変わらずリベラル連中は、二重国籍を認めないのは時代遅れとか論点のすり替えに必死になっているが、騙されるような日本国民はごくわずかになっている現実が見えていないようだ。

ここまでくると、証人喚問して法で裁く事案になっているように思うが、与党はどうして動かないのか。
噂されている年内解散、または年明け解散に蓮舫代表でいるほうが都合がいいからか(笑)
10月に日本人になったのなら、それまで日本人でさえなかった訳で、今すぐ議員やめて、その間までの議員報酬も全部返納してもらわないと納得がいきませんね。

台湾側が既に情報を出している。
蓮舫代表は、ティーンエイジャーの時に流暢な台湾語(完璧な台湾語の発音ができた台湾語がわからないというのは虚偽である)。

台湾総統選挙に投票したか否か、どの国のパスポートで出入国したのかも実は判明している。
台湾国籍喪失手続きには相続税等の申請と認可の手続きもある。
脱税となればそれも問題。(いつ蓮舫代表に仕掛けるかという問題だけだ。)幾度の台湾国籍離脱発言も虚偽。
日本国国籍、その上、子供は中国で出産となれば、中国国籍取得も可能。
戸籍開示は子供の事というが、日本国の戸籍には本人だけというのもある。

一部では、謝蓮舫こと村田蓮舫は閉会後即逮捕拘束されり可能性があると言われています。
テレビの報道しない自由に助けられてるだけなんですけどね(笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-