TPP承認案・・・そして韓国の朴大統領の談話

こんばんは。

TPP承認案と関連法案が衆院特別委で可決されました。
これに先立って、野党議員は審議拒否で退室した事をお伝えしておかないといけません。

堆積中の野党議員

こののちに委員会は再開され、TPP承認案と関連法案を自民党、公明党、日本維新の会による賛成多数で可決した。

ニコ生で委員会の中継を見ていたが、採決される危機感からか、審議拒否した野党議員(民進党、共産党、社民など)が委員長席を取り囲み罵詈雑言を浴びせ続けていた。
おきまりの「プラカード」も掲げていて、実際みてて爆笑ものでしたね。
まったく進歩がない野党が際立ちましたね。
衆院本会議での採決は8日の予定らしいが、安保法案の時と同じような場面になることが安易に想像できる。
8日と言わず、今夜にでも徹夜してでも賛成多数で可決したほうがいいのではと個人的には思っているのだが・・・

d0044584_23153225.jpg
当時は「民主党」だったが、「民進党」に変わってるだけだから、こんな感じになる(笑)

プラカードを掲げるって、某国とまったく一緒(笑)
出身国を隠さなくなったと思うよね。

次に、
11月4日午前10時30分。韓国の朴槿恵大統領が「崔順実ゲート」に関わる一連の疑惑について、「国民の皆様にお伝えしたい言葉」として、約10分間に及ぶ談話を発表した。
これも、ニコ生でライブ中継があった。ただしハングル表示と韓国語そのままの放送だったので内容は解らなかったが、その後日本語訳のTV画像でないようが理解できました(^_^;)

朴大統領謝罪談話

約10分間に及ぶ談話だと言うが、内容は国民に対する謝罪だったが、大統領の辞任に対する事には触れることはなかった。
また一方的な談話で、質疑応答はなし。
残り任期の1年4ヶ月も大統領職にしがみつき、居座るらしいのはわかった。

また、大統領の支持率は、韓国のギャラップが4日発表したところによると、大統領として過去最低の5%(前週より12ポイント低下)となり、故・金泳三(キム・ヨンサム)大統領が任期末期に記録した6%を下回った。
これは1997年のIMF通貨危機時代の金泳三(キムヨンサム)大統領の最低値記録(6%)をさらに下回ったことになる新記録更新だ。

面白いのは、韓国国民の態度の手のひら返しだろう。
大統領に就任してからの告げ口外交をしまくってた頃の朴大統領を外交の天才、とか呼んで歓喜してたのはどこのこくみんでしたか?
しかも、この大統領を選んだのは直接選挙である、自分たちが選んだの忘れてる。
歴代最初の女大統領ってことで世界にも目立つから選んだんだろけど(笑)
歴史を直視できない民族には、国家運営や民主主義なんて難しすぎだったのではないか。
まだまだ途上国なのを国民共々理解ができてなかったようだ。

支持率回復を狙っての、竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求をしたところで、もう効果は期待できないだろう。
反日共闘を誓い合うほどに仲がいい中国に合法的に併合してもらい、「中国の朝鮮族自治区」として再出発をするか、北朝鮮に統一してもらうのがベストではないか。

どのみち、日本にとっての大韓民国は必要がない国だから、気にならない。
在日だけは排除していくけどね。

こうなったのも「仏罰」じゃないのって意見すらある。
因果応報とは、韓国のためにある言葉のように思えて仕方がない。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-