2016.11.02(Wed):気になるニュース
こんにちは。

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領から機密文書を受け取り、国政に介入した疑いが持たれている朴大統領の友人・崔順実(チェ・スンシル)容疑者が韓国検察に出頭菜の出来事だ。
韓国では、混乱の中で検察庁舎に汚物を投げ付けた男に注目が集まっている。
この行動に賞賛の声が溢れているというから、まったく文化が違いすぎる。
韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられているが、中でもパクの行動を称賛する声が多くの共感を得ている。

「勲章をあげて釈放を。凶器を持ち歩いたわけでもないんだし」
「みんな臆病だから周りの目を気にしてる中、この人物こそが烈士だ」
「勇気ある愛国者だ。すぐに釈放すべき。検察はこのまま順実の犬として働くつもりか?」
「ここでは正論を言うと捕まる」

「汚物に汚物を投げ付けるとは、お疲れさまでした」
「この人は無罪。報奨金をあげて」

韓国が自己分析する「日本が嫌韓新田理由」が意味わからん(笑)

嫌韓行動をする日本人たちに話題提供する主犯は韓国メディアの日本語版という事実を知らなければならない。
例をあげれば、韓国国民用に書かれた韓国をけなすような記事、コラムも日本にたくさん流れて行く。
韓国を丸裸にしてその恥部までみんな他の国に見せているわけだ。
従って嫌韓関連の日本報道や出版物は韓国メディアの日本語版をそのまま引用しながら「韓国メディアも認める韓国の恥部と問題点」という内容をずっと送りだしている。
だから日本で「嫌韓」が進んでいるのだと言いたいらしい。

hqdefault (3)


まったくもって、なぜに「嫌韓」が日本国内でこれほどまでに高くなったのかの基本的な事柄を理解できていない。

整理して書いてあげよう〈教えてあげよう)。
日本人が「嫌韓」になったのは、韓国人、在日韓国人〈朝鮮人)による凶悪犯罪の多さ。
通名をつかって日本人になりすまし、生活保護の不正受給。

だが一番嫌われる問題点は、国家間の約束事を守らない事。
これには「日韓基本条約」から始まって、昨年末の「日韓合意」まで、全てが含まれる。

朴大統領になってからの、世界中での「告げ口外交」「コウモリ外交」。
まだあだあるよ。
日韓ワールドカップまでは問題視していなかった「旭日旗」問題。これも一人の韓国代表のサッカー選手の保身から出た言葉で韓国内での「旭日旗アレルギー」が初めて広まった。
例外が一つだけある「朝日新聞社の社旗」だ。これに対しては文句の一つも出ていない(笑)

民主主義と言いながら、実際に韓国司法がやっていることは「国民情緒法(こくみんじょうちょほう)」の適応だ。

国民情緒法とは、韓国の罪刑法定主義を否定する法論理で、韓国人の国民情緒に合うという条件さえ満たせば、行政・立法・司法は実定法に拘束されない判断・判決を出せるという概念である。

「 -法」という名が付くが法律の類ではなく、不文律であり、法律や条例、条約、憲法さえも超越する法の軽視の風潮を揶揄した言葉である。
一部の市民団体(圧力団体)や学者の私見によって具体化され、大衆世論によって成否が判断され、これを韓国メディアが後押しすることで、国民情緒法は(比喩的に言って)「制定」される。

近代法の前提を覆すもので、法の支配や時効や法の不遡及も時に無視され、国民情緒という揺らぎやすい世論に迎合して、いかなる裁定をも下すことができるとされる。
この風潮の最たる例が「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」という反日法で、この法律は「財産を得た当時は合法だったとしても、親日行為を通じて得た財産を子孫からでも没収できる」というもので、この時には法律は過去に遡及しないという原則さえをも無視した。

こんな国と、これまで日本は優しく付き合いしすぎてきたツケがきている。
これまで同様に、日本のメディアは韓国擁護の報道がかわることがなく、相変わらずバカ丸出しの状態だ。
日本国民のネットでの情報収集力を理解していない。未だにTVと紙媒体で国民をコントロールできると信じ込んでいる。
特に朝日、毎日新聞は信用性が0だ。
国営放送とされる、NHKでさえ「偏向、捏造」された番組が多く、国民からソッポをむかれている。

今、韓国内では、韓国全体がチェ・スンシル事件でパニックになっているが、日本から何も言うことはない。
内政干渉に当たるからだ。韓国は「内政干渉」と言う言葉も知らないような行動や報道を日本にはしょっちゅう向けるが、そんなところも嫌韓になっている部分だと知ったほうがいい。

他国、主には日本なのだが、韓国が日本を追い抜く日は地球が存在してる間にはやってくる気配さえない。
日本がァ~ 日本がァーとなににつけても責任を日本に擦る、問題のすり替えをやっている国民性では無理だろう。

北に統一されるか、中国の属国に戻って「李氏朝鮮」時代に、戻ればいかに日本が親切な国だったのかがそのときに再認識するだろう。

感じを捨てた韓国人に、歴史書を見ろといっても無駄だし、やはりいらない国家NO1だな。
関連記事
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://heytokushima.blog9.fc2.com/tb.php/1610-59b87e3c
Secret