おかしいな「憲法9条で安全」なはずだが。。。

8月29日北朝鮮が同日午前5時58分ごろ、北朝鮮西岸から弾道ミサイル1発を北東方向に向けて発射し、北海道・襟裳岬上空を通過した後、6時12分ごろ、襟裳岬東方約1180キロメートルの太平洋上に落下した。

Jアラートもなったようだが、Jアラートは単にお知らせをするに過ぎない。
Jアラートが、守ってくれるものだなんて思い込んでる人はいないとは思うけど。

慶応大学の金子勝教授「北朝鮮も怖いが、「戦時放送」を流す安倍政権も怖い」
金子慶応大教授
この人って、大丈夫?慶応ってこんなLvの人からおそわってるのかw
慶応ボーイって持て囃されたよきじだいもあったのだが、こういうの雇ってる大学行ってることが恥ずかしい時代になりましたね。

NHKをはじめテレビ各局の画面は全面、危機を煽るような黒い字に赤い帯の入った「国民保護に関する情報」が映し出され、次々にテロップで臨時ニュースが流されたのだが、テロップを流す安倍政権が怖いなんて論調の書き込みもチラホラみるね~
能天気を通り越して「9条」があるじゃないか~だろうな。

北朝鮮のミサイルが太平洋側に着弾した意味は、専守防衛は時代遅れだということを改めて考え直す契機になるもではないか。

日本国憲法が時代に合っていないのは聡明な日本人国民であればわかっている。

この憲法が発布された時代は、プロペラ戦闘機(レシプロエンジン搭載)が主力だった時代だ。
目視による戦闘行為も出来た時代に旧日本軍の力と日本人の愛国心、誇り、矜持をなくすために作られた憲法下で、現代の軍事的圧力に対応して行くのは不可能だ。

都合よく、9条新派やアベガーと騒いでいる人のところにミサイルが落ちてくれたらいいのだが、そうもいくまい。
では、どうするか?
やはり日本も真剣に「敵基地攻撃」について考えないといけなくなったということだろう。
それか。日本の核保有ということになる。

何かあると騒ぐが対案は出さない野党、与党がだす案にはとにかく反対とい姿勢では国がもたないところに実は来ている現実をメディアはまったく報じない。

これでいいのだぁ~~♫ バカボンのパパじゃあるまいし、日本人国民に大勢の死傷者が出てるまえに、こういうことは総理に一任で素早く防衛の一環として敵基地攻撃可とするべきだと個人的には思う次第だ。

今回のミサイルでは在日韓国人も危機をもったようだが、いつまで日本にいるの、一刻も早く帰って韓国のために働くべきじゃないのって思う。北と南は戦争中だすから。

国民の生命と財産を守るのは、遺憾砲じゃもう無理ですから。
北朝鮮にはいいようにミサイルぶち込まれ、東シナ海、尖閣では中国に好き勝手されているのは日本の憲法が研究され尽くしていることもあるし、アメリカの相対的な力の低下を見越しているからにほかならならない。

日本もできることは自分でやる、同盟国も100パーセントアテにはならないということを考えておいたほうがいい。
特亜三国から見たら、日本は手に入れたい戦略的な場所であり美しい国だからね。。
スポンサーサイト
関連記事

日本人のマインドではない。

こんばんわ。

昨日は、大逆転、その影にナインのゴミ拾い云々と大絶賛の記事がでていたのに。

今日になって、仙台育英の名前は地に落ちた。



【高校野球】仙台育英のラフプレー・足蹴りを食らった大阪桐蔭選手、車いすで甲子園あとに!仙台の足蹴り選手は日本文理相手にもやっていた。

フェアプレーの意義はどこに行ったのか。

仙台育英高校野球部は東日本大震災で被災にあったリサイクルショップに盗みに入った野球部部員が書類送検されている。
今回の事件は高野連も声明を出すべきだろう。

育英の背番号2の選手のフルネームもネットでは出ているが、この選手は洞院戦だけで足首キックをやったわけではない。
常習者だ。悪意すら感じるのは俺だけか。

ネットでは育英の擁護論もあるが、擁護する人の頭の構造がおかしくないか?
問題は1塁手の足首を蹴りに行っているということだ。
いろんな角度で映像があがっているので、ここに貼っている動画だけにかぎらず見てみるといい。

仙台育英の背番号2の三年生は、この先、一生このキックを背負って生きていくだろう。
どれだけ擁護しても、無理がある。
スポーツマンシップにのっとり・・・・絵空事だ。

卑怯な手段で勝っても、その勝利が讃えられることは決してない。

今後10年は仙台育英高校は地方大会も含めて全試合させないくらいの処罰が必要だろう。。
関連記事

首相は午後6時から記者会見

安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、第3次安倍政権で3度目となる内閣改造を実施した。

昼間にTVをご覧できる方はもう改造内閣の布陣についてはご存知だと思う。

目を引くような斬新さは無い今回の内閣改造だが、外相に河野太郎前行政改革相、総務相に野田聖子元郵政相を充てたところはある意味斬新ではないだろうか。

河野太郎

野田聖子

よくよく考えてみよう。
河野太郎の実父といえば「河野洋平」だ。そう言わずと知れた売国奴である。
その息子に外務大臣をやらせる。
これをどう読み取っていくのかは人それぞれだろう。
僕的には、一種の「踏み絵」人事ではないかと思っている。
現在の日本を取り巻く環境において、河野太郎外務大臣の舵取りには「遊び心」などという余裕が入る隙間はない。
当然ながら、河野太郎議員本人が一番プレッシャーの中にいることは間違いないだろう。

一方の、野田聖子議員は、安部総理と同期であり、自民党では安倍総理よりもいち早く自民党のヒラ議員を卒業したという自負を持っている人だ。
また、アベノミクスは失敗だと言い放ち、勉強会まで参加していた、いわば反安倍議員でもある。
それを、安定していた高市早苗前総務大臣にかえての大臣起用である。
これは何を意味しているのか。
メディアの偏向報道への野田総務大臣の対処姿勢をも実のところ安部総理に問われているのではないだろうか。
小泉政権下において郵政民営化に反旗を翻し、総選挙では勝利したものの、その後自民党を離党。
そして安倍政権下で自民党に復党を許されたということも踏まえて考えてみなくてはいけない。
この二人の大臣の手腕がどういうものなのか楽しみな部分だ。

外務大臣から政調会長に岸田文雄議員がついたのも安倍政権後の総理に一番近づいたのではないか。
これまで憲法改正には慎重だった岸田議員が、安倍総理の改憲支持にまわったのも大きいだろう。

今回の内閣改造は麻生太郎副総理・財務相や菅氏ら政権の骨格を維持しつつ、19人の閣僚のうち経験者を13人も配置するなど手堅さを重視した「実務型」の内閣になっている。

仲間を後ろから撃ち続けている「石破茂」は、総理の芽はなくなった上に、同党の議員からの信用も失墜してしまったという、おまけまでついた(笑)
いっそ石破茂議員は再び自民党を離党して、民進党に入ったほうがいいようにさえ思う。
そのときは、船田元、中谷元議員も一緒につれていってもらいたい。

トランプ大統領は、在朝米国人に対して8月中に退去するよう指示を出した。
メディアが必死に倒閣運動に精を出しているこの瞬間も世界は動いているわけだ。
先日の安倍総理とトランプ大統領の52分にも及ぶ電話会談の中には、半島有事の事もあったのだろう。
日本に被害も及ぶだろうし、そのときは日本国内の在日朝鮮人、中国人のテロにも気をつけなくてはならない。
憲法9条は唱えても「屁の突っ張り」にもならないことを、もう一回思い出そう。。
関連記事

フリーエリア

プロフィール

へいちゃん

Author:へいちゃん
四国の徳島県住み。
社会人
独身(年齢不詳)
剣道4段
ツイキャス、SR(ショールーム)にて、配信もやっています。

アフィリエイト
現在時刻
フリーエリア
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カテゴリ
訪問カウンター
Web page translation
ブックマーク
BBS7.com
BBS7.COM
MENURNDNEXT
天気予報

-天気予報コム- -FC2-