2017.08.03(Thu):国内政治、国会
安倍晋三首相(自民党総裁)は3日、第3次安倍政権で3度目となる内閣改造を実施した。

昼間にTVをご覧できる方はもう改造内閣の布陣についてはご存知だと思う。

目を引くような斬新さは無い今回の内閣改造だが、外相に河野太郎前行政改革相、総務相に野田聖子元郵政相を充てたところはある意味斬新ではないだろうか。

河野太郎

野田聖子

よくよく考えてみよう。
河野太郎の実父といえば「河野洋平」だ。そう言わずと知れた売国奴である。
その息子に外務大臣をやらせる。
これをどう読み取っていくのかは人それぞれだろう。
僕的には、一種の「踏み絵」人事ではないかと思っている。
現在の日本を取り巻く環境において、河野太郎外務大臣の舵取りには「遊び心」などという余裕が入る隙間はない。
当然ながら、河野太郎議員本人が一番プレッシャーの中にいることは間違いないだろう。

一方の、野田聖子議員は、安部総理と同期であり、自民党では安倍総理よりもいち早く自民党のヒラ議員を卒業したという自負を持っている人だ。
また、アベノミクスは失敗だと言い放ち、勉強会まで参加していた、いわば反安倍議員でもある。
それを、安定していた高市早苗前総務大臣にかえての大臣起用である。
これは何を意味しているのか。
メディアの偏向報道への野田総務大臣の対処姿勢をも実のところ安部総理に問われているのではないだろうか。
小泉政権下において郵政民営化に反旗を翻し、総選挙では勝利したものの、その後自民党を離党。
そして安倍政権下で自民党に復党を許されたということも踏まえて考えてみなくてはいけない。
この二人の大臣の手腕がどういうものなのか楽しみな部分だ。

外務大臣から政調会長に岸田文雄議員がついたのも安倍政権後の総理に一番近づいたのではないか。
これまで憲法改正には慎重だった岸田議員が、安倍総理の改憲支持にまわったのも大きいだろう。

今回の内閣改造は麻生太郎副総理・財務相や菅氏ら政権の骨格を維持しつつ、19人の閣僚のうち経験者を13人も配置するなど手堅さを重視した「実務型」の内閣になっている。

仲間を後ろから撃ち続けている「石破茂」は、総理の芽はなくなった上に、同党の議員からの信用も失墜してしまったという、おまけまでついた(笑)
いっそ石破茂議員は再び自民党を離党して、民進党に入ったほうがいいようにさえ思う。
そのときは、船田元、中谷元議員も一緒につれていってもらいたい。

トランプ大統領は、在朝米国人に対して8月中に退去するよう指示を出した。
メディアが必死に倒閣運動に精を出しているこの瞬間も世界は動いているわけだ。
先日の安倍総理とトランプ大統領の52分にも及ぶ電話会談の中には、半島有事の事もあったのだろう。
日本に被害も及ぶだろうし、そのときは日本国内の在日朝鮮人、中国人のテロにも気をつけなくてはならない。
憲法9条は唱えても「屁の突っ張り」にもならないことを、もう一回思い出そう。。
スポンサーサイト

2017.07.31(Mon):国内政治、国会
毎日暑さで体力消耗しますね~。
朝は早くからセミの鳴き声がうるさいし。

7月も今日で終わる。
8月早々には内閣改造もある。
閉会中審査も衆参両院でまたまた行われるらしいよね。
閉会中審査のおいて明らかになった事柄はいっぱいあるんだが、メディアの報道しない自由の行使で日本人国民に真の内容が伝わってこない。これって国民の知る権利を完全に無視しているんだよね。

安倍総理

2月から7月6日までの国会審議において、主に野党4党がとってきた戦略をまとめると以下のようになる。

マスコミが権力者を糾弾する際に多用するパターン。
これが、マスコミが疑惑だけで罪人を作る3つの方法だ。


<テクニック1>
「争点」を変えていくことで「消耗戦」に持ち込む。
<テクニック2>
「発言の矛盾」を追及して、「嘘つき」のイメージをつける。
<テクニック3>
「納得のいく説明がされていない」と食い下がる。

安倍首相の支持率を頻繁に発表しているのも所謂、印象操作でしかない。
主要メディア、新聞各社がこぞって発表ごとに支持率が低下、20パーセント台になったとか危険水準とかあからさまな倒閣運動をやっている始末だ。
個人的にはどの党が好きとかはない無党派に属するが、日本共産党だけは、まったく共感するところがない。

森友学園、加計学園と続いている学園シリーズにおいて、今回、安倍首相が追いつめられていった「プロセス」は非常に興味深い。

確たる証拠もないのに、「怪しい企業」の汚名を着せられる企業のそれとよく似ている。
ひとたびマスコミのネガティブ報道が氾濫すると、そのイメージを回復することは難しい。
後ろめたいことがないのなら会見を開いて説明すればいいとおっしゃる方もいるが、いくら説明しようが「納得がいかないですよね~」で吹き飛ばされる。
また、大きな組織になればなるほど、立場的に言えないことが増えてくる。
感情の赴くままに答弁ができたら、安倍総理も少しはストレスがなくなるのではないか?とさえ思ってしまう。
丁寧な答弁を重ねても、重要なところはすべてカットされ、編集によって切り貼りされ、いかにも追い詰められているという絵図らを毎日朝から晩まで垂れ流すメディアの手法に勝てない。

最初に書いた「倒閣のパターン」はいまや無敵とも言える。
説明にわずかでもけちが付いたら即「うそつき」の犯罪者よばわりし、どう何を言って説明しても「納得のいく説明がされていない」をくり返して食い下がり、絶対に引くつもりが無いとか、まさに ここ数ヶ月のマスコミと野党を端的に現している表現だろう。

民主党政権誕生させたときのようなメディアが笛吹けば踊る国民、この構図からいまだに学習ができていない。
メディアは、この民主党政権誕生で、当確のやり方を学習し、今、また倒閣運動に利用しているのだ。

いまや、国家において最高の権力者はマスメディアになってしまっている。
歪んでいるどころの騒ぎではないのがほんとうだろう。
しかし、日本人国民は知ってか知らずか腰が重い。

証拠も何も出なくても適当に疑惑をでっち上げればマスコミが世論を先導して時の政権を意のままに退陣にまで追い込める事態っておかしいと思う人は腰を上げるべきだ。
国会議員は選挙によって国民の付託をうけ国会で議論をやっているが、メディアが主張する「メディアは政権を監視する義務がある」という言葉には納得がいかない。
日本人国民はメディアを選挙で選んでないからだ。

逆に日本人国民がメディアを監視して、暴走を止めないといけない。
放送法を遵守だの4条だのといっても、罰則規定がない以上メディアのやりたい放題は続くのだ。
マスゴミは都合の悪い事実は報道せず、都合のいい一部だけを抜き出し大報道する事で事実とは大きく異なる印象を創りだすやりかたを許していると、そのつけは我々国民に払う事になるって事をしらなきゃいけない。。


2017.07.19(Wed):国内政治、国会
こんばんは。

昨日の民進党無国籍代表の蓮舫の会見をご覧になっただろうか?
僕は時間があったので、ニコ生で会見の様子を見ることができた。
当初の予想ではコメント拒否での会見かと思ったが、ニコ生はコメント有りでのライブ中継だったな。

これまた朝日新聞記者からの質問だらけで、ほかの記者は蚊帳の外状態。
当然コメント欄は荒れたね。
会見終了近くで産経新聞記者の質問が取り上げられたが「丁寧な質問をしてください」とかいう有様で、コメント欄は「にほんごわからないのか」「丁寧に質問してるでしょう」が溢れかえった。

昨夜、このブログを更新しようとトライしたが,何故かインできない当アクシデントがw
そこで、TVでどのように取り上げるかチェックしていたが、メディアは完全にスルー、一部のメディアは会見があったとの報道止まりという有様で、これも予想通りだった。

TBSに至っては、今日の「ひるおび」では蓮舫には触れず、稲田朋美防衛大臣批判一色の番組構成だった。

しかし、ネットの力は凄い。
こんな記事がもう出ていた。

辻元清美の過去発言
質疑&答弁書

これは、ペルーのフジモリ大統領の時の話だ。
今風にいえば、16年越しのブーメランということになるだろう。
この意見を蓮舫にあてはめると、日本国籍剥奪ということになる。

この、辻元清美ご自身にも、東日本大震災の義援金3600億円も海外送金してしまい、東北復興に使わなかった疑惑がそもままであり、是非、ご丁寧なご説明をして頂きたいものだ。
この時は民主党政権時で、次元清美は国交副大臣の職にあった。

民主党政権もデタラメだったが、党名ロンダリングして民進党になっていても、中身は全く変わっていない事が次々にわかるだけ。
ただ違いは、メディアが総出で民進党の擁護団体になっていることか。

蓮舫に至っては、経歴詐称、公職選挙法違反、外患誘致罪などがあげられている。
特捜、検察も動いていると言われているが、捕まえることが出来るだろうか・・・
国外逃亡だってありえるし。

大人しい日本人国民もスポンサー企業の会社の前でデモをしたほうがいいのではないだろうか。

TV局に抗議しても、何も変わらないからね。

2017.06.30(Fri):国内政治、国会
こんにちは。

連日連夜のメディアによる「倒閣キャンペーン」に、まずはご苦労様と言いたい。

とにかく自民党の議員、閣僚の失言を都議選に結びつけて、都政と国政をゴチャ混ぜにした報道しかやっていない。
都議選の投票が2日の日曜日ということもあって、赤い小池ファーストをメディア総出でバックアップしている。

この都議選の争点だったはずの、「豊洲移転」問題は、妙にボヤけてしまって、自民党批判一色になってしまっている事に、疑問を感じない都民が多いのか、それともメディアの印象操作に踊らされているのか・・・
都議選の結果で、都民が「愚民」と呼ばれないことを祈る。

国会が開いている時には、真意拒否を連発して国会を空転させ税金の無駄使いばかりしていた野党4党が、ここにきて「加計問題究明のために臨時国会を開けるべき」などど寝言を言っている。
各地上波のキャスター、コメンテーターも同様なことを言い、あたかも加計問題に安部総理が関与しているという風評を公共の電波で流し続けている。
もう放送法なんて、お構いなしやりたい放題になってしまっている。

加計問題のことは、江田五月と民進党の玉木、福山に聞いたほうがより詳しく詳細が分かるのではないか。
メディアは、全て安倍総理の意向とか、忖度を持ち出しているが、無理筋だ。

そんな折、「獣医学部全国展開」をすすめる旨の発言があったのは記憶に新しいだろう。

Baidu IME_2017-6-30_18-38-14

どうなったか?
国内16大学の獣医学関係者で組織する全国大学獣医学関係代表者協議会と日本獣医学会は「日本の獣医学教育の根幹、ひいては広く大学教育・研究を崩壊に導きかねない驚がくすべき発言」とする声明を出した。 

国家戦略特区を利用した獣医学部新設について「妥当性を欠いたまま進められ、結果として獣医師養成教育の深刻な質低下が生じる可能性が危惧される」と言い放ったのだ。

これって、自らが「ここに利権があります」と見たことと同じだろう。

そのまんま東が、「獣医は余っているから、四国に獣医学部を新設する必要はない。問題が起きたときは全国から助けがくる」とか言っていたが、論点がずれている。
普通の獣医は足りてるが、食肉検査や人獣共通感染症の撲滅に携わる公務員の獣医さんが足りてないから新設の話が持ち上がった事をもはや忘れているらしい。

TBS,朝日は既に安倍発言は獣医の質が落ちるとんでもない案だと、これからの報道姿勢を鮮明にしている。
マスゴミが安倍叩きたいがために既得権益側にまわってるの異常さが怖くないか?

倒閣だけのために、我々の財産の電波を好き勝手に使われているという現実に目を向けよう。
そもそも、加計が新設しようとしてる愛媛の獣医学部は防疫中心の研究をやる予定だったはずだ。

確か、一校に限定してくれって要請していたが、藪をつついて蛇を出すのごとく、一気に規制緩和に舵をきられたから、全国大学獣医学関係代表者協議会と日本獣医学会が、焦りまくっている。
獣医学部の新設は一校で済むはずだったのにってね。
とにかく、どんな小さなことでも、何でもかんでも「アベガー」と騒ぐメディア。

ちょっと冷静に考えれば、獣医師の数が増えることで、質の悪いものが淘汰されていくことくらい分かりそうなものだけどね。

現状は、「抵抗勢力」も「既得権益」も「岩盤規制」もマスゴミが認めた相手にしか適用されない、安倍首相と敵対する勢力はどんなクソでも全て「正義」とする報道しかやってない。

ディアの既得権を解体しましょう。
それか、放送法を適応して、停波してみましょう。
日本人国民は、よくやったというはずだ!
2017.06.15(Thu):国内政治、国会
こんばんは。

今国会の会期を10日ほど延長という話もあったが、一昨日の法務委員会での日本維新の会、東議員の質疑中に民進党の真山議員が金田法務大臣の問責決議案を提出した。
事実上の「審議拒否」をやったわけだ。

この民進党と日本共産党による前代未聞の他党議員が質疑中に問責決議案提出という暴挙に、自民党も重い腰を上げたのだ。

その結果、本日午前7時40分過ぎだっただろうか、「組織的犯罪処罰法改正案」いわゆる「テロ準備罪法案」が自民、公明、維新の賛成多数で可決された。
野党4党とメディア総がかりで潰しにかかった法案だが、やはり日本人国民は確かな思考と千件性を持っていると確信した。

法案可決で、今日のTVは恐らく「強行採決」の大合唱だったのだろうが、このことばも「造語」だ。
ほんらい民主主義において「強行採決」は存在しない。
最後は多数決だからだ。

民主党政権時も、彼らは数のチカラで押しまくっていたではないか。
悔しければ、日本人国民の支持を摂ればいいだけだ。
まぁ、党の代表の国籍がどこかもわからない上に。帰化議員が多い現、民進党には支持は集まらないだろう。

さて、四国は愛媛県の今治市の加計問題だ。
これで、安倍政権を揺さぶるつもりだろうが、これまた特大のブーメランが突き刺さっている。

民進党の玉木議員に続いて、陳こと、福山議員も日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたのだ。

陳哲夫アホ

民進党・福山哲郎議員が日本獣医師政治連盟から100万円の献金を受け取っていたことが分かった。
玉木雄一郎議員と同じく、加計学園を追及するにあたって不適切な関係にあることが確定した。

陳哲夫の領収書

陳哲夫領収書2

玉木雄一郎議員と一緒になって加計学園の獣医学部新設に反対しているのはそういうことだったのかと合点がいく内容だ。
おそらくこの100万円は手付金の挨拶程度で、成果報酬はもっと多いのだろう。

とにかく既得権益を守りたい獣医師たちは政治家と癒着し、全力で加計学園の動きを止めようとする。
玉木雄一郎議員においてはここにきて急に「獣医師不足を解消するためには獣医学部の新設ではなく、給料を2倍にすべき」と主張し始めており、あからさまにポジショントークを展開する始末だ。

玉木雄一郎議員の100万円がバレたとき、福山哲郎議員は自分の献金受け取りもいつバレるのかとヒヤヒヤしていたに違いない。そして案の定バレた。

悪が栄えた試しなしとは、よく言ったもんだ。。
2017.06.13(Tue):国内政治、国会
参議院の法務委員会を見ただろうか?

なんと「国会内テロ」が起きたのだ!

民進党の横暴が法務委で起きた。
共産党の質疑終了後、日本維新の会・東徹の質疑中に、民進党・真山勇一「金田大臣問責決議案を提出した。
委員会を止めて下さい」と発言し委員会中断させたのだ。



維新の会の東徹議員が質疑が始まる

直後に民進党の真山勇一が割り込み「金田大臣の問責決議案を出したから止めろ!」と騒ぐ

東徹「質問中に出すのは失礼!」
真山「止めろ!止めろ!」
維新の質疑を妨害してまでパフォーマンスを行う民進党。
最低限のマナーすらない屑。

民進党が維新の会の質疑中に問責決議を出す

委員会が止まる

散会 。
維新の会の質疑時間を削りた挙句、法務員会を散会させた民進党や共産党。
自分達が気に食わなければ何してもいいのか?

このような流れだった。
おそらく地上波メディアはスルーするだろうが、こんな事が平然と行われている異常さを、拡散していただきたい。

マスゴミの報道しない自由を、いつまで許しておくのか。
国民の財産である電波を、勝手に使わてれている事に気がつかないといけませんよ。

この暴挙が参議院で行われたという点にも注目して欲しい。
何が良識の府だ。
こんなのだから参議院はいらないと言われるんだよ。
今日の出来事は、日本の憲政史上最悪の野党の行動だし、議会制民主主義を破壊するテロ行為だと言い切れる。

7月の都議会選でも、赤に染まった「小池百合子」についていこうとしている候補者は落とすべきだ。
なんといっても、元民主、民進、共産が多すぎる。

野党4党は「テロ等準備法案」を、どうしてここまで怖がるのだろう。
まぁちょっと考えれば理由はわかるはずだ。

今頃はパネル製作に一生懸命になっているだろうが、そのパネルも我々の税金からだってことを、有権者は忘れてはいkませんよ。。
2017.05.31(Wed):国内政治、国会
こんばんは。

よく「神回」とか言うが、今日の国会の日本維新の会、足立衆議院議員の質疑は、これまでの中で最高だった。



これを、見逃した方、是非ともご覧いただきたい。

納得、なっとく、ナットクだ。。
2017.05.16(Tue):国内政治、国会
墓穴を掘り続けブラジルも突き抜けてどこいったw

小西きち

衆議院議員上西小百合のツィート。
ここに書いてる、赤坂のTV局と云えば「TBS」のことではありませんかねw

56134033.jpg

たしか、放送法で、イデオロギーに沿っての電波使用は禁じられてるはずだが、そんなことも知らずに国会議員やてるのか。
政治家がメディアの言いなり、手先になります宣言。
もともと政治家としての資質もない議員だが、こういった連中に印象操作される人って、一定数いるからね。

マスゴミはプロパガンダ機関だし、マスゴミの報道を鵜呑みにする人は、おつむが弱い、脆弱としか言いようがない。。


2017.04.29(Sat):国内政治、国会
こんばんは。

GWに突入しました。

どこから考えても、日本人のためにならない「民進党」ですが、あらたに金字塔をたてましたね。

民進党の蓮舫代表は29日、最大の支持団体である連合のメーデー中央大会に出席し、「テロ等準備罪」を設ける法案について、あらためて廃案を目指す考えを示した。テロ支援政党

廃案を目指し、テロ対策の対案を掲げていく考えを示した。
民進党の蓮舫代表は「健全な市民活動さえ罪に問われる可能性を否定できない法案については、わたしたち民進党として、断固として反対、廃案に追い込み、本当に必要なテロ対策の水際作戦を、対案を持って後半国会に臨んでまいります」と述べた。
またテロ対策の対案について、ハイジャック防止のため提出した「航空保安法案」に言及し、「空港を通じて、海外から不審者が入って来ないように、国が予算にも関与できるような仕組みだ」と説明した。

これって、どの方向から読んで解釈をしても民進党はテロ応援団としか思えないのではないか。
海外から不審者が入って来ないように と言っているが、すでに日本国内にいる在日をはじめとして反日活動家たちには、全く触れていない。
昨日、蓮舫は中国共産党幹部と会談してる事から見ても、どうやら指示があったと思われる。
おそらく、同胞の工作員やテロリストが捕まるところなんて見たくないだろう。

特亜と反日とテロリストの味方の蓮舫と民進党、日本が衰退する方向にどうにかして持っていきたらいらしい。
こんな、テロ支援政党は存続させてはならないし、選挙では必ず落選をさせることが大事になる。

国籍不明の党代表が率いる「民進党」に未来があってはならない。。
2017.04.20(Thu):国内政治、国会
これは、やりすぎだろう。
言論の自由を履き違えているか意味をりかいしていない発言だ。

きっちり「名誉毀損」でうったえるべきだ。

こんなバカツィートをしたのは、民進党の小西洋之(小西博之)衆議院議員だ。
通称「ひょっとこ議員」と呼ばれている。本人は小栗旬に似ていると思い込んでいるらしいが(笑)


ひょっとこ小西

安倍総理は法論理ではない不正行為によって歴代解釈を破壊し、国民から憲法9条を強奪した。
つまり刑事犯罪人で例えるならば安倍総理は強盗殺人犯である。
その安倍総理が共謀罪を濫用しないと主張するのは、
強盗殺人犯が「私は自分の身勝手で泥棒することは絶対にありません」と主張するのに等しい。

民進党小西ツイート

この小西議員は共謀罪(テロ等準備罪)が国会で成立をすれば、亡命すると先日豪語してましたね。
だが、共謀罪が現在もいない国は日本のほかは、共謀罪がない国は
イラン、南スーダン、ソマリア、コンゴ共和国、ツバル、フィジー、ソロモン諸島、パラオ、パプアニューギニア、ブータンくらいなんだが(笑)
しかもその他の国の共謀罪は日本が法制化しようとしている「テロ等準備罪」よりはるかに規制が厳しいのを理解しているのだろうかね。

こんな奴を国会に送り出す、千葉県民はしっかりしろよな。
千葉県民の忖度を受けて国会にきているのだろうから。。